未来を知る

社会福祉法人ベテスタは、人材育成に特に力を入れいています。人材育成は「人」と「施設」がともに成長していくために必ず必要なもの。
もちろん、一方的に「教える」だけではなく、「自ら考える」「自ら学ぶ」という、 積極的な姿勢で取り組むことができるような環境づくりをしています。
自分を高めていきたいという職員の意欲に応えるべく、 キャリアアップと教育の環境づくりに取り組んでいます。

新卒者の就職後のキャリアアップの流れ

高校・専門学校・大学を卒業する新卒者の皆さんに、当施設で働く生活支援員(正規職員)の就職後の一般的なキャリアアップの流れをご紹介します。
大事なのはやる気、あなたの頑張り次第で、さらなるキャリアアップも可能です。

(3ヶ月)

■ 新人職員
【主な業務】
・新人研修
・生活支援業務体験
 

・新人研修に参加し、法人・施設の理念、社会福祉制度・政策、障害者支援、生活支援員業務、福祉サービス専門職としてのマナーやルール、業務に必要なパソコンスキルなど、様々なことを学びます。
・先輩職員と一緒に生活支援業務を体験します。レポートを通して、先輩職員から助言・指導を受けます。

(半年~1年)

■ 初級生活支援員
【主な業務】
・生活支援業務の実践と習熟
・施設内基礎研修
 

・業務を通じて、生活支援業務の基礎を身に着けます。また、各利用者の個々の個別支援計画を把握し、実践します。
・施設内の基礎研修に参加し、業務に必要な基礎知識と技術を身につけます。
 
 
 
 

(2~3年)

■ 中級生活支援員
【主な業務】
・個別支援計画の作成と実践
・新人職員指導
・施設内外研修

・個々の利用者の状態を把握し、個別支援計画を作成し、他の職員と連携し、生活支援を実践します。
・現場における新人職員の指導を担当します。
・施設内外の各種研修に参加し、生活支援員としてのキャリアアップを計ります。
 
 

(4~5年)

■ 中級生活支援員
【主な業務】
・チームリーダーとしての小集団の統括
・主任生活支援員の業務補助

・リーダーとして、数人の生活支援員の育成係を担います。
・新人職員を含む生活支援員への助言・指導を行います。
・施設内運営会議に参加し、主任生活支援員の業務補助を行います。
 
 
 
 

(5年~)

■ 上級生活支援員
【主な業務】
・施設全体の運営管理補助業務
・職員の統括
・施設内研修の実施

・施設全体の運営の一翼を担います。施設全体の事業計画作成や目標設定を行います。
・人事管理、労務管理業務に加わります。
・施設内研修を企画・実施し、生活支援員の能力向上を図ります。
 
 
 


入社後の資格取得をバックアップ

当施設では、働きながら各種資格取得を目指す人のサポート積極的に行っています。講座案内などの情報を提供し、受験体験談に基づく勉強会、講習会なども開催しています。組織をあげて資格取得を応援してくれる環境があり、働きながらスキルアップが目指せます。

介護福祉士 社会福祉士 精神保健福祉士 介護支援専門員(ケアマネージャー) ホームヘルパー2級(介護初任者研修) その他福祉関連の資格

PAGE TOP