支援員 倉井 祥基

日本福祉大学卒

日々の発見が自分を成長させてくれる。

Q1:福祉の仕事に就いたきっかけ

通っていた大学が福祉系の大学ということもあり、福祉について学ぶ機会が多くありました。そこから実際に福祉の現場に出て働きたいという考えが強くなったので福祉の仕事につきました。

Q2:今の職場を選んだ理由

知的障害について勉強を行ってきて、知的障害をもつ方とかかわりをもてる職場で働きたいと考えていたときにこいしろの里を見つけました。自分が慣れ親しんだ土地にある施設ということもありこの職場を選びました。

Q3:仕事の中での苦労と喜び

日々の生活のなかでの課題というものがあり、決まった解決方法があるわけではないものも多くあるため、そのような課題をどのように乗り越えていくかが難しいところだと思います。利用者とかかわっていくなかでその人の可能性を探していけるところが喜びだと思います。

Q4:この仕事の魅力ややりがい

日々なにかしらの発見があり自分を成長させてくれる要素をたくさん見つけることができるのがこの仕事の魅力だと思います。

Q5:就職希望者へのメッセージ

まずは見学という形でもいいので支援の行われている現場を見に来ることが大切だと思います。一緒にこのこいしろの里で働いていけたらいいなと思います。

PAGE TOP