支援員 中川 千鶴

東海医療福祉専門学校卒

簡単ではないが、やりがいのある仕事。

Q1:福祉の仕事に就いたきっかけ

大学の時に社会福祉士という資格があることを知り、その勉強をするために専門学校へ行きました。その際、実習で知的障害のある人が通う作業所に行き、そこで関心を持ちました。その時から将来はこの分野で働きたいと思うようになりました。

Q2:今の職場を選んだ理由

地元の三重で働きたいと思っていたことと、見学に行った時の印象が良かったからです。

Q3:仕事の中での苦労と喜び

苦労というか大変なことは利用者の支援を考えることです。一つの目標を立てたとしても、それを達成するためには色々な方法があると思います。その中でどんな方法がその人にとってより良いのか、日々苦戦しながらも考えています。喜びは、利用者との日々のかかわりです。日常の何気ない会話を大事にしています。

Q4:この仕事の魅力ややりがい

支援の成果が目に見えて分かる時は喜びを感じます。これは私に限らず、他の支援員にも共通することだと思います。

Q5:就職希望者へのメッセージ

支援は簡単ではないですが、やりがいのある仕事です。少しでも気になったら気軽に見学に来て、現場の雰囲気を体験してみてください。

PAGE TOP