支援員 中桐 聡子

三重短期大学卒

失敗を成長できるよい機会だと考える。

2ヶ月目を迎えて思うこと

私は短期大学を卒業し、こいしろの里に就職しました。就職して私は、授業で学んだことやほかの施設での実習の経験を基に、利用者さんと向かい合っていこうと決心しました。

1ヶ月目は先輩の職員とともに業務を行ない、利用者との関わり方などを学んでいきました。慣れないことや学ぶことがたくさんあり、大変だと思っていました。

利用者さんと関わっていく中で、授業で学んだことを活かせることもありますが、なかなか上手くいかないことのほうがとても多いと感じました。

2ヶ月目は一人で業務をこなしていくことになり、日々緊張し、そして失敗をして落ち込んだりしました。失敗したときは、私の技術が足りなかったと考えているので次につなげられるようにほかの職員に聞いて違う観点からの意見を聞いてみたりしました。それでも失敗することはありますが、成長できるよい機会だと考えるようになりました。

2ヶ月目を迎え、社会人としてできていないことがたくさんあると気付きました。支援員としてまだまだの私ですが、これからもたくさんのことを学んでいき利用者さんとともに成長していきたいと思います。

支援員 中桐 恥子
PAGE TOP