支援員 植村 雄一

関西大学卒

より深い知識や経験を積み上げていきたい

何歳からでも働くことの出来る施設

大学卒業以来、長く福祉とは全く関係の無い職に就いておりましたが、残された働ける期間を人や社会に少しでも貢献出来る事に携わりたいと思い、全くの未経験で知識もありませんでしたが障害者支援施設で働かせて頂くことになりました。その中で少しずつでも出来ることが増えていき、その結果笑顔を見せてくれる利用者さんと接する事に自分の喜びや、やりがいを感じるようにもなっていきました。今後も福祉の現場で働くことで、より深い知識や経験を積み上げていきたいと思い、また施設見学をさせていただいた際の利用者や職員の皆さんの元気で明るい姿を拝見させていただき社会福祉法人ベテスタこいしろの里への入社を決めさせて頂きました。

対人援助職はまさに人と接する仕事なので、それぞれが持って見える個性の違いやその日の様子は勿論、こちらの態度や言葉掛けでの変化も日々同じではなく試行錯誤の連続です。それを乗り越えて結果に結び付けていく難しさがあることは否めませんが、それ以上に時間は掛かっても利用者さんに出来ることが少しずつでも増えていき、生き生きと生活されている姿を目にすることが出来る事は何物にも代えがたい喜びを感じます。

不安や苦労は当然ありますが先輩職員の丁寧な指導のおかげで何歳からでも働くことの出来る施設です、是非一緒に楽しく仕事をしてみましょう。

PAGE TOP